2021-08

ハンデを抱えながら社会を生き抜く

統合失調症と子ども2人を抱えて思う人生の攻め時守り時

私は20代前半で統合失調症を発症しました。 それまで精神科に行ったこともなければ統合失調症(当時は精神分裂病)という病気が存在することすら知らないで過ごしていました。 気付いたら狂気の世界?に迷い込んでいました。そこから回復す...
ハンデを抱えながら社会を生き抜く

統合失調症をもちながら社会に参加するときに気になること

最近、女性、特に母親を中心とした200人台の規模のコミュニティに入りました。 統合失調症とは全く関係のないコミュニティです。 実は、以前にマネー系のコミュニティに参加していたら、参加してから「精神疾患の方はお断りします」と規約...
近況

通院日、薬の量で悩む。

今日はメンタルクリニックの通院日です。 今回もコロナが猛威をふるっている中なので、念のため電話診察をお願いしました。 今現在先生に伝えようと思っているのはアルプラゾラムの眼球上転時の頓服分がなくなってしまったので、毎日のむ分以...
思い出

H先生の謎のアドバイス

昔10年以上ずっとお世話になっていたH先生はいつも 「病ではなく人を看よ」 の色紙を掲げて診察にあたってくれていた。 もうご高齢で亡くなられてしまった方なので、こういうことを書いてしまっていいのか迷ったが、私にとっては宝...
ハンデを抱えながら社会を生き抜く

弱さを受け入れるまで

最近は自分からSOSをだしてきちんと休ませていただいています。 それでも実は内心かなり焦っているし凹んでいます。 これまで育休や病気療養中を除いてずっと仕事をしてきたので、それがないと正直生きた心地がしません(^^;) ...
近況

近況

先日、コロナワクチン接種日の前々日に突然発熱しました。 いきなり38度を超える熱を出して、朝になったら下がっていたけどコロナワクチンの接種はキャンセルせざるを得ませんでした。 PCR検査が陰性でほっとしました。 万が一コ...
統合失調症と女性のライフイベント

幼児と新生児を実家でみていたとき(統合失調症の妊娠出産育児体験記18)

下の子の出産のための入院が終わって実家に帰ってきました。 その頃、実家では皆が上の子が保育園からもらってきた胃腸炎にかかっていました。 実家は自営業で仕事をしていたので、なるべくお世話をかけすぎないようにと思って地元の保育園に...
統合失調症と女性のライフイベント

下の子の産後から退院まで(統合失調症の妊娠出産育児体験記17)

下の子の出産自体は大変さもあったものの上の子のときよりはるかに楽に終了しました。 そのまま入院していた個室の病室に戻ってきました。 上の子の出産のときに入院していた大学病院は規模が大きい病院だったので陣痛室という陣痛のときに過...
統合失調症と女性のライフイベント

下の子の出産(統合失調症の妊娠出産育児体験記16)

下の子は地元の小さな産婦人科で産むことにしていました。 そこは先生が一人だけのとても小さな産婦人科で、建物も小さな2階建てで入院する病室も全室個室という作りになっていました。 私は上の子のときも下の子のときも出産予定日の10日...
近況

抗不安薬が不足すると中年の危機が顔をだした

今回は電話診察にしたので処方箋が本日郵送で届きました。 今の処方はインヴェガ3mgと抗不安薬のアルプラゾラムなんですが、眼球上転の副作用が出たときはアルプラゾラムを頓服でアーテンと一緒に服用すると治りが良くなる感じがします。 ...
タイトルとURLをコピーしました