ハンデを抱えながら社会を生き抜く

ハンデを抱えながら社会を生き抜く

皆と同じことができなくてもいい。

ついさっきブログを書こうとしたら、友人から喪中はがきが届いた。皆そういうお年頃だからな~最近、喪中はがきが年に多いときは数枚届く。 そろそろ年賀状を書かねば(-_-;) ここ数年は光沢のあるインクジェットの年賀状を買ってきて子...
ハンデを抱えながら社会を生き抜く

自分の課題と向き合った経験は宝になる

私は統合失調症になって5年くらい、人の話をスムーズに理解するのがとても大変でした。 なんだか頭の回転が良くなくて、当時は薬も多くて基本ぼーっとしていたから仕事での会話を理解するのにもたくさんの工夫がいりました。 時々、...
ハンデを抱えながら社会を生き抜く

職場も仕事も大好き

先日、職場の上司から「その後、調子はいかがでしょうか?」という連絡がありました。 上司から何か話したいことがあるような気がして、メッセージで返信するのではなく職場に電話しました。 上司は 「人事異動の希望をだす季節になっ...
ハンデを抱えながら社会を生き抜く

統合失調症と子ども2人を抱えて思う人生の攻め時守り時

私は20代前半で統合失調症を発症しました。 それまで精神科に行ったこともなければ統合失調症(当時は精神分裂病)という病気が存在することすら知らないで過ごしていました。 気付いたら狂気の世界?に迷い込んでいました。そこから回復す...
ハンデを抱えながら社会を生き抜く

統合失調症をもちながら社会に参加するときに気になること

最近、女性、特に母親を中心とした200人台の規模のコミュニティに入りました。 統合失調症とは全く関係のないコミュニティです。 実は、以前にマネー系のコミュニティに参加していたら、参加してから「精神疾患の方はお断りします」と規約...
ハンデを抱えながら社会を生き抜く

弱さを受け入れるまで

最近は自分からSOSをだしてきちんと休ませていただいています。 それでも実は内心かなり焦っているし凹んでいます。 これまで育休や病気療養中を除いてずっと仕事をしてきたので、それがないと正直生きた心地がしません(^^;) ...
ハンデを抱えながら社会を生き抜く

統合失調症のカミングアウトをするまで

私は今の会社で入社2年目に統合失調症を発症した。 一時は入院までしたものの回復し、仕事にも復帰させていただいて同じ組織で働き続けさせてもらえた。 病気になったからと、猛烈な残業をする職場ではなく、「配慮」していただいた比較的余...
ハンデを抱えながら社会を生き抜く

仕事に関する無理のない努力と工夫(パソコン編)

統合失調症になって、5年くらい頭の回転が戻らなかった。 眠い時期は寝倒した方がいいと思うけど、その後、プールに通って頭がすっきりして体力もついてきたため、集中力もいくらか戻ってきた。 以前に、仕事をするうえでぼーっとした頭でも...
ハンデを抱えながら社会を生き抜く

いじめやパワハラにあったときにおすすめの動画

最近、またまた素敵な動画を見つけた。 小学校5年生のときから30年間いじめを受け続け、それを3か月で乗り越えた経験から、いじめの乗り越え方を発信しているユーチューバーさん。 この動画をみて不覚にも泣いてしまった。 ...
ハンデを抱えながら社会を生き抜く

カウンセリングを試した経験談(その2)

カウンセリングを検討するにあたって、はじめに考えたのは産業会館のようなところで50分3,4千円くらいでやっているカウンセリングだった。 予約のときに 「統合失調症という精神疾患をもっていますが大丈夫でしょうか?」 と聞い...
タイトルとURLをコピーしました