正解はないけど…

世の中を生きていて、学校のテストのようなはっきりした正解はあまり分からないことが多いです。それでも学校で正解と言われるものは、たくさんの反論の中で生き残ってきたものだから、正解にとても近いものであることが多いものです。

最近、統合失調症とかメンタル関係以外での会合になるべく参加するように気をつけています。

今日も参加させていただいて、思いっきり恥ずかしい的はずれなことを言ってしまいましたが、少しだけ世の中の本質に近づけたかもしれない、少なくとも逆走していたことくらいには気づけたかもしれないと思いました。恥ずかしいですけどね~

世の中で生きていくには、色々な考え方、立場、視点があることは知っておいた方がいいだろうと思います。

最近、私は自分の狭い世界に籠りすぎたと反省しています。自分の中だけで結論をだしていると、どうしても狭い視点での考え方になってしまって、自分にも家族にも良くないような気がします。

考え過ぎないようにしつつ、色々な人たちが世の中でどう思って生きているのか、分かってないなりに分かろうとしていきたいと、そんな態度をとれるようになりたいです。自分の気持ちは自立しながらも、相手の言うことをちゃんと聴けるようになりたいなと思います。

しかし、こうやってちょこっと緩い世間にでてみるだけで、自分の視点がとても狭いことに気づきます。そうすると、ブログを書いていて、きっと独りよがりなことを書いているだろうと恥ずかしくなります。

まあ、いいか…

踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿保なら踊らにゃ…

いや、違う…

ちゃんと現実を受け取れるように努力します。自分も皆も幸せでいられるように…余裕のあるときに、自分も幸せでいられるくらいの、ゆっくりとした努力を…

タイトルとURLをコピーしました