体調の変化と考え方

※私は統合失調症や子どもを抱えているという、(一見)ハンデがあります。そのため、何かに使えるエネルギーも多くはありません。だからこそ、度々自分を客観的に見て、自分は今どういう状況で、どうしたいのか、そのためにはどうしたらいいのかを振り返っています。

抗精神病薬のインヴェガにジプレキサを足して、よく眠れて気持ちが落ち着いた日がほとんどになりました。

今日は子どものお弁当の日で、朝からそぼろ弁当を作っていました。

少し前までは、12時間くらいの十分な睡眠がとれないと気持ちが落ち着かなくなる日が多かったのですが、最近は1日くらいなら早起きして睡眠不足でも問題なくなってきました。

なぜか最近、面白い夢を見ることが多くて、長い睡眠時間ですが、毎回夢が楽しみです🎵

ジプレキサをのみはじめた頃は悪夢が多かったので、少しずつですが体調が上向いていると思います。

1年前の陽性症状気味なときの感覚から、とても落ち着いた感覚に、体感も変わってきました。

統合失調症の治療はずっと続きますが、陽性症状がでているときのような不安感が消えたので、感覚が、やや敏感な平凡な人になってきたような気がします。

統合失調症という病名ですが、なぜか病気の症状がでている時期の方がブログの内容をまとめやすく、ものの10分で一記事書いていたりしたのですが、今はそのときのようには文章がまとまりません…頭もそこまで回転しません。しかし、後先考えず動いていた当時より不安感の少ない今の方が落ち着いていて生きやすくは感じます。ちなみに、人間関係も症状がでていたときの方がうまくいっていたように感じていました。正確には、誰に対してもいい感情を持てたからストレスなく人とつきあえていました。その代わり、自分を振り返ることは少なかったかもしれません。

そして、度々仕事のことを考えては悩んでいます。統合失調症の症状はでていなくても、統合失調症を抱えているので、体調をとても悪くするリスクが普通の人より高いのは事実です。怖がっているだけでは何もできませんが…

実は今と同じCP換算値の抗精神病薬をのんでいても、陽性症状の妄想がでてきてしまって困ったことがありました。あのときは1年くらい、人間関係でとても苦労して、仕上げに職場の中で振る舞いを失敗して、皆にそっぽを向かれて、孤立して苦しんで、結局体調を崩して1ヶ月休みました。

職場での自分の立ち位置をどうとらえてどう考えてどう関わっていけばいいか、それがこれから自分が今の仕事を続けていけるかの大事な分かれ道になると思います。

そのためにも、今は自分の極端な考えを修正できるように、体調を落ち着けて、体力をつけられるように、少しずつ行動しています。

応援クリックが励みになります🎵
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
近況
のんびり、のほほん

タイトルとURLをコピーしました