薬を変えて命拾いした…

私はエビリファイ12mgで11年間もった。

その間、結婚・妊娠・出産・育児・子どもを抱えての仕事復帰と自分にとっては大変なライフイベントを経験してきた。

エビリファイは服用すると謎の怒りでものすごいパワーがわいてきて、大変なときでもハイテンションになりながら猛烈に仕事したり家事育児をしたりできた。

その副作用?として頑張りすぎて身体のあちこちにガタがきた。

メンタルも、ときどき息をしてるだけでも辛くなるくらいしんどかった。

いつも何かをしていないと落ち着かなかった。

気が付けばいつも頭に円形脱毛症ができていたり、卵巣嚢腫と子宮筋腫と子宮脱になって、子宮と片方の卵巣を摘出するややオオゴトにもなってしまった。

他にも、辛すぎてよく頭を壁に打ち付けていたせいか、眼底に穴があいてしまい、レーザー手術を受けたりもした。(もし入院していたら身体拘束になってたかも…)

子宮筋腫が成長しすぎて出血が多くなったせいかいつも身体がだるくなって月に一度は高熱を出す体質になってしまった。

一度咳がではじめると1~2か月はとまらなかった。

ストレスで生活もおかしくなっていた。

食べ物をゆっくり味わうこともできないのに、いつもイライラして仕事帰りにコンビニで1~2食分くらい買って1日5食くらい食べないといられなくてひどいときは体重が80㎏を超えていた…

ストレスを感じすぎて家族と話していてもすぐキレるし、落ち着いて話を聞くことができなかった。(もともと人の話を聞くのが得意ではないですが…)

その頃は何かを話そうとすると途中で言葉がでなくなった。口の周りがしびれることもよくあった。今思えば隠れ脳梗塞でも起きていたのではないかと思う。

あの時の主治医が「薬が合ってないのかもしれない」と言ってリスペリドンに変えてくれたおかげで命拾いをした。リスペリドンをのんでから、謎の怒りで荒れ狂っていた心が快晴の空みたいにすっきりして、ついでに怠け者になって、さらになぜか気が大きくなって自己主張ができるようになった…

結果、ストレスでの過食がなくなり半年もたたないうちに体重が10㎏近く減った。

家族にも職場でも言いたいことが言えるようになって、コミュニケーションが円滑になった。

人の忠告も以前よりは受け入れることができるようになった。

私の場合、薬が行動に与える影響がすごく大きい気がする。

インヴェガに変えたら、さらに落ち着きも加わった。

怠け者かつできない自分でもまあいいかと思えるようになった。

最近書いている過去の育児や仕事の苦労は、エビリファイが微妙に合わなかったせいかもしれないとも思います。

薬で体調を整えるのは大事ですね…

タイトルとURLをコピーしました