統合失調症がみせた壮大な夢

実を言うと、最近、夢ができました。

かなり壮大な夢です。

うっかり薬を減らしすぎて、20年ぶりに統合失調症の陽性症状が再燃していたときに、見たものです。

幻覚・幻聴・白昼夢とでも言うのでしょうか?

私の敬愛するホセ・ムヒカさんがリオ会議で大演説をされて、話題になったことを覚えていらっしゃる方はいるでしょうか?

陽性症状がでるほど状態が不安定だった頃、その演説の動画を何度も感動しながら見ていました。

後にその演説をもとにした絵本も買って読みました。それから、症状がおさまってからその演説の書き起こされた全文も読みました。

そこには、私が動画で聞いたはずの言葉が入っていませんでした‼️

私が陽性症状のときに動画を見た限りでは、ホセ・ムヒカさんは演説の中で「大陸に運河を造るんだ!砂漠に木を植えるんだ!」と、間違いなく具体的な大陸名や砂漠の名前を複数だしておっしゃってました。後で地図帳を開いてその聞きなれない砂漠名も確認していました。でも、演説の全文の中にはその文字はありませんでした。

私は、20年前に統合失調症を発症してから治療開始後1ヶ月くらいまではひどい幻聴に悩まされていました。しかし、それ以来、薬がよく効いて、一切自覚症状としては幻聴はありませんでした。自覚としては…

今回、あまりにも鮮明な幻覚・幻聴を見ていたかもしれない事態に自分でびっくりしました。

それ以外には、特段変わったことはありません。あれが幻聴だったのかも分かりません。

その後、薬を増やしたので、もう陽性症状はおさまっているはずですが、まさか自分が20年ぶりにあるはずのないものをみていたのかも知れない事実に驚きました。

でも、その幻覚・幻聴?のお陰で大きな夢ができました。

そう。人類が手を取り合って、武器を手にするかわりに、大運河を造り、砂漠を緑化して、平和に、幸せに繁栄・共栄していく。立場の弱い人や困っている人を大切にしながら、皆が幸せになるようにこの夢を実現していけたら、奪い合う世界から分け合う世界にしていけないだろうか?

私は土木の専門家でもないし、語学も得意でなく、英語の日常会話すら話せません。

それでも、自分だけが見ていたのかわからないそのホセ・ムヒカさんの演説をみて、私も砂漠に木を植えるだけでもいいから、そんな活動に参加してみたいと心底思ってしまいました。今そんな活動があるのかも知りませんが。

これは統合失調症が見せた夢だったのでしょうか?

だとしたら、統合失調症は夢も希望もなく、現実に打ちのめされていた私を救ってくれたことになります。

余談ですが、遠くに大きな夢ができてから、現実の捉え方が変わりました。

目の前のどうにもならないと思っていたことを、ちゃんと向き合って、目の前の人を大切にして、どんどん片付けて、大きな夢に向かって進んでいきたいと思えるようになりました。

まだまだ現実に打ちのめされることはたくさんありますが…

20年前に統合失調症を発症したときも病気をきっかけに人を信じられるようになり、人生を救われました。また、統合失調症に心を救われました。

こんな不思議なこともあったりします🎵

統合失調症って、すごいと思いませんか?

タイトルとURLをコピーしました