感じ取って、考えて、聞いてみる

自分が困っていることの一つに、コミュ障であることがあります。

コミュ障ではない人が自称コミュ障というかわいいヤツではなく、本当に、放っておくと、勝手に妄想が暴走してしまうから困っています。

それが統合失調症だからなのかというと、多分、それも関係なくはないかもしれないけど、育休や病気休暇で長く休んでしまい、また、その間友人などを作れない性格と体力と能力で、地域で孤立してしまったことが原因なのではないかと思います。

長い事、職場と離れていると、長時間働く体力が落ちてしまいました。仕事をするのに体力は大切です。その体力がないと、安定して成果を出し続けるのが難しくなります。そのうえ長い休みのあとで、元々持っていた人間関係もなくなってしまいました。職場で人間関係が成立するには、相手と同じくらいの力量が必要になる気がします。自分の力量ではこれからも職場ではなかなか人間関係は作れないだろうと思います。

コミュ力のある人が羨ましいです。コミュ力のある人は、表面に見えているコミュ力だけでなく、本当に力があるのだと感じます。

20数年前、統合失調症になっても、数年かけて自分なりに「普通」に近いところまでリカバリーできたと感じていたときもありました。それでも、本当の組織の1人前になる経験値が積めなくて、結局、ぶら下がり社員になってしまいました。

「普通」ってすごい!👀

と、普通になれないボッチの社員は思います…

しかし、いいとか悪いとか、色をつけないで、状態を把握することは大切だと思っています。自分の状態、家族の状態、職場の人たちの状態…

私は、現実をちゃんと見るために、自分で見たことや聴いたことを、1度自分でどう感じたか感じ取るようにしています(そのために色々な本を読んでおくと自分の中で言語化できるので感じ取りやすいです)。それから、気持ちとは別に、頭でそれはどういうことなのか考えます。なぜその人はそういうことをしたのか?それから、妄想が暴走しないように、信頼できる母や夫に、職場なら上司に、できるだけ素直にこれってこういうこと?と言ってみて、意見を聴いてみます。

そうすると、結構、頭の中で妄想が暴走していることに気づきます。

ちゃんと現実を見る目を持ちたいです。ときにそれは、自分にとって辛いことでもありますが…

今日は人事異動の発表の日!

無事、職場に残留できました☺

いい歳して、昇進もしない、本当にお情けのような仕事をさせてもらっています。だから今、仕事を続けてもいられます。

それでも、もう1年、仕事をしながらでも比較的自由に生活させてもらえそうです。

職場の配慮に感謝です!

タイトルとURLをコピーしました