抗精神病薬と性格への影響

※今回書く内容は、あくまで医療知識のない一患者の経験談ですので、うのみにしないで片耳で聴くくらいのつもりで読んでください。薬の効き目には個人差があるので、その人に合う薬は違うということをご了承下さいm(_ _)m

久しぶりに抗精神病薬の名前もだして経験談を書いてみようと思います。

私は現在、ジプレキサ(オランザピン)をのんでいます。20数年前に統合失調症を発症して、それからの8年間もジプレキサをのんでいました。

この薬は、私には眠くなる作用が強く、毎晩7時頃を目安にのむと9時とか10時頃には眠気がでてきます。そしてよく眠れます。

そのせいか、メンタルが非常に安定します。よく眠れることで、脳の機能も回復するのか、認知機能にも効いている気がします。

のむとふとるとも言われていますが、私の場合、この薬をのむと、いくらかご飯が美味しく感じますが、食べ過ぎの原因は大体ストレスなので、睡眠をよく取るとストレスも軽減するのか努力すればある程度は痩せられます。血糖値が高くなるとのめなくなるので、今は生活の中で歩く時間をつくるようにしています。

病気になって8年目くらいに、人生に行き詰まりを感じていた頃、当時の主治医に頼んでエビリファイに変えてもらいました。理由は、眼球上転と言いましたが、なんとなく変えてみたかったというあまり理由になってない理由でもありました。

ジプレキサ5ミリで何も問題なく8年間仕事を続けてきた私を見て、主治医ははじめ、もう少し少ない量のエビリファイ6ミリでいこうとしていました。でも、なんだか落ち着かない…それから、色々と調整してもらい、最終的にはエビリファイ12ミリまで主治医に頼んで増やしてもらいました。そこで、自分の中のフワフワした感覚がなくなり、薬がぱちんとはまった感じがしました。

エビリファイのいいところは、陽性症状をきちんと抑えながらも、そんなに睡眠時間がとれなくてもいいところでした。その頃私は結婚して、妊娠・出産・育児をするようになりましたが、ジプレキサのように1日8時間眠らなくてもいいのが子育てにはとても助かりました。そのうえ、エビリファイはなぞのパワーがでるので頑張れます。自分の限界を超えて頑張れます…そして頑張りすぎていつの間にかいつも怒っている人になってしまいました。今になってみると、エビリファイをのんでいつも怒っていたあのときは、生きるのが大変だったなあ〜と思います。エビリファイをのんでいたときは、微妙に薬が合ってなかったのか、頑張りすぎていたのか、対人トラブルがおきやすかったです。自分がそう感じてしまうことが多かったです。エビリファイは11年間のみました。そして、かなりの無理をしましたが、決して陽性症状がでなかったところをみると、とても優秀な薬だと感じます。しかし、私にはジプレキサくらい抑えが効く薬のほうが生きやすいようにも感じました。

それから、リスペリドン3ミリに変えました。理由は、コロナ禍でたまたま一時的に通ったメンタルクリニックで、当時の主治医が人間関係で苦しむ私を見て「微妙に薬があってないのかもしれない」と言って、リスペリドンを提案してもらったためです。

リスペリドン、のむととても気持ちよくて、幸せな気持ちになりました…そして、自分はなんでもできる、というよりは、やってみないとできないかはわからないじゃないかと言うくらい、自己肯定感があがりました。楽しくて喋ってばかりの人になりました…

一般的にはリスペリドンは、陽性症状を抑える力が強いと言われています。しかし、私の場合はリスペリドンを半分の1.5ミリまで減らしたら、陽性症状が思い切りぶり返してしまいました。

それから、インヴェガ3ミリに変えました。インヴェガはリスペリドンを改良した薬だと言われていますが、リスペリドンほどハイテンションにはなりませんでしたが、やっぱり謎の自己肯定感がありました。そして、認知機能はリスペリドンとインヴェガはちょっと弱まる感じがしました(今思えば)。

それから職場復帰して、仕事をしていく中でまたジプレキサ5ミリで落ち着きました。今は子どもが大きくなったので、睡眠時間が多くなっても何とかなるようになりました。

最近は、眼球上転も、ゆる体操のおかけで短時間で治るようになりました。

その他にも、ラツーダとかロナセンも試しましたが、体質に合わず、気持ち悪くなってしまい短期間でやめてしまいました。

レキサルティも試しましたがやはり合わず、1日でやめてしまいました。

統合失調症の方のブログを読んでいると、私には合わなかった薬がとてもよく合った人をたくさん見かけます。統合失調症は脳内物質のバランスの崩れにより発症するため、薬でバランスを整えるのが大事だと私は勝手に思っています。

しかし、脳内のバランスも人によって違うのでしょうね。多くの人には良くても自分にはいまいち合わない薬もあるし、多くの人が合わないという薬が合ったりもします。

人生のステージに合わせて、どうありたいかによっても薬の選択は変わりそうです。

とりあえずもう無理はしたくないというのが私の本心です。

タイトルとURLをコピーしました