されど医者と薬で人生は変わる(こともある)

統合失調症になっても、私はわりと早めに社会復帰できた方だと思います。

何でかというと、多分、たまたま上手な先生にあたったからだと思っています。

私が20年前に入院した病院は、たまたま当時の通勤の途中にあっただけという理由で選びました。

たまたま、そこの病院の主治医になってくれた先生は、患者の味方になってくれる気持ちの良い先生で、しかも投薬治療がものすごく上手でした。私が入院した病院で、私の後から入ってきた人たちを見ると、皆、最初はわーっとテンション高く入院してくるのですが、少しすると、ほんわかと落ち着いた感じになっていました。1フロア100人いたとしたら、当時の薬では治らなかったと思われる身体拘束された人が1人、気づいたときには1室あった保護室は使われておらず(柵も木でできた保護室でした)、99人は正気にすぐ戻っていたように思います。

退院近くになると病院独自の家族会のようなものも紹介されました。当時、その病院は、そこまでやれる自信があったと思われます。

後で、ネットで、入院して一年たっても子どもが元に戻らないとか、薬漬けにされたとか読みましたが、私の入院した病院では、先生は症状が落ち着いたらどんどん薬を減らしていくわよ~と言って、実際一気に減らされて落ち着かず、少し薬を足してもらったこともありました。

転院するとき、最初、その先生は転院を渋りましたが、「あなたの地元には良い病院ないじゃない」と歯に衣着せずに、多分、正直にそう言ったのだろうと思います。

そうして色々な人の話を聞いていると、何度も入退院を繰り返していた人が、病院や薬を変えたことで、普通に社会生活ができるようになったという話はときどき聞きます。

医師や薬を変えることは、リスクがあります。しかし、現状がどうしても辛いなら、まずは医師に訴えて、薬の調整をしてもらうのも、どれだけ辛さを訴えても聴いてもくれないなら、医師を変えるのも良いのではないかと思います。

転勤族の夫について行って、一番困ったことのひとつが、病院探しでした。

その土地では評判の良い病院でしたが、いつも3分診察で、紹介状は2週間後とかにその都度とりに行かなくてはならず、しかも内容を教えてはもらえませんでした。困ったときに相談するどころではありませんでした。

それから実家に帰って、職場復帰して、一番困ったのも、メンタルをやられたときの医師の対応でした。当時の主治医は「この病気の人はやらなくていいなら仕事はしない方が良いんだよね~」という主義の先生で、職場でパワハラにあって困っても、味方にはなってくれなさそうで、余計に不安になりました。

医師にも、色々な先生がいて、薬の調整がとても上手い先生とか、社会復帰に伴走するのが上手い先生とか、とにかくおおらかで何となく味方になってくれるほんわかした先生とか色々います。

そのときに困ったことを一緒に解決できる先生は、統合失調症を持ちながら社会で生活するには必要なように思います。

でも、そういう先生は、見つけるのが大変ですね~💧

今の主治医に出会うまで、いまいちしっくりこない先生を何人変えただろう…今の先生が、困ったときは時間をとってくれて、目の前で診断書を書いてくれて、どれだけほっとしたことか…

昔、2ちゃんねるとかで評判の良い病院の噂が流れると、そのクリニックは3ヶ月待ちとか、予約停止とかになり、1年後に電話してみると普通に予約できたりしました。

皆、良い病院、良い医師の情報には飢えているのだろうな~とよく思いました。

良い病院って、どうやって探せば良いのでしょうね。

タイトルとURLをコピーしました