鬱の時期のやり過ごし方

ただいま鬱の時期に入ったようです。

ウォーキングを毎日続けてきましたが、ここ1週間、できないときやお昼だけのときが増えました。

家に帰っても、ストレッチや筋トレができず、本もたいして読めないでいます。

疲れがたまってきたのもあるのだろうと思います。

こういうときは、生活を負荷の少ないように調整して、無理をし過ぎないように気を付けます。

そんな中でも、同じ母親の人達のラジオ放送を聴くこととゆる体操だけは続けています。

同じ立場の人のラジオ放送は、疲れてコミュニケーションをとるのが辛くても、コミュニケーションの替わりになってくれています。忙しい中で毎日をどうやり過ごすかは、今の私に一番必要な情報です。

ゆる体操は、寝ながら、何かをやりながらできるので、とてもハードルが低いです。この時期は頑張って何かをできないので、横になりながらただ足をブラブラさせたり、腰をモゾモゾさせたりしているだけでいいこの体操がメンタルを救ってくれています。

本当に怪しくて不思議な体操ですが、1日30分でも続けると、気持ちの落ち込みが全くないので重宝しています。

そして、この時期は無理をしないことに徹します。好きな漫画を読みながら、ゆる体操で身体を揺らしていると、たまった毒電波のようなストレスが発散されていき、生きる気力が少しずつたまっていきます。

そうして初めて、自分は疲れていたのだと気がつきました。

精神疾患になる人は、実は頑張りすぎて倒れるパターンの人が多い印象です。私ももれなくそのパターンです。

頑張り過ぎないって、難しいですね~💧

タイトルとURLをコピーしました