統合失調症だから

恥ずかしい話ですが、20年前に統合失調症になっとき、私は、自分が生きている肉体を奪われて機械になってしまうと本気で思い込んでいました。

人間としての生はそこで終わってしまい、あとは冷たくなって人のために働き続けるだけになるのだと思っていました。

それはそれで尊いことかもしれませんが、そんな妄想は怖くて怖くて仕方ありませんでした。

人間として生きたい、友達とたくさん遊びたい、と本気で思いました。極限まで追いつめられると、人間は本心が見えてきます。

それから色々あって、実家に強制送還されて、それから精神科病院に入院して、1ヶ月くらいで正気に戻ってほっとしました。

ああ、自分には手も足もある。確かに統合失調症になったけど、命まではとられることはない病気なんだ、と安心しました。

それまで、人生で頑張れば頑張るほど、不自由に、生きたくない人生になっていっていたので、統合失調症になったのはラッキーでもありました。

それまでの自分にかけられていたプレッシャーは病気になってからとても少なくなって、統合失調症でも気にしない人だけ友達のまま残ってくれました。それは私が友達でいたいと妄想の中でも思っていた人たちでした。

確かに統合失調症になって、一時的に悲嘆にくれていた時期もありましたが、患者になれたことで、それまでの自分の生きたくない人生の方向性へのプレッシャーはかなりなくなり、自分に自由に生きる余地が生まれました。それから人生が楽しくなりました。

統合失調症に甘えて大きな挑戦は避けてきましたが、自分なりに小さな挑戦は自主的に何度も工夫を入れながらやってきました。

統合失調症だから、できたことです。

そして、死ぬような妄想にあっても、統合失調症だから命まではとられないですみました。

統合失調症だからです(笑)

応援クリックが励みになります🎵
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
Uncategorized
のんびり、のほほん

タイトルとURLをコピーしました