自分でコントロールできること

生きていると、自分がどんなに辛くてもどうにもならないことがたくさんあります。

人生のコツは自分ではどうにもならないことではなく、自分でコントロールできることに力を注ぐことなのだそうです。

人生が思うようにいかなくてストレスをためているのは、自分ではコントロールできないことをどうにかしようとしているからなんだそうです。

コントロールできなくても辛いものは辛いんだ~!と叫びたくもなりますが、そこは置いておいて…

それでも人ができることは、自分でコントロールできる部分を少しずつ変えていくことだけなのでょう。

職場では何度も休む人になって浮きまくってます。仕事は一人前には程遠く、来年も会社にいられるかもわからない…しかし、人と無理に仲良くしようとしてもどうにもなりません。相手は変えられません。明日リストラされるかもしれませんが、それも自分ではコントロールできないことです。今の自分にできることは、仕事に一生懸命取り組みながら、健康に続けていくために、歩くことでストレスに強くなること、好きなことをする時間を少しでもとって、気持ちを満たすことです。自分が情けなくても頑張り過ぎないことも大切です。

子どもをちゃんとみれない、親の世話になることも本当は辛いのですが、今できることは、親にお金を払って少しでも負担を感じないでもらうこと、なるべく無理しないなかで子どもたちを大切にすることです。

それでもたまる鬱憤は、今は英語の学習とこのブログ、そして毎日できたことを手帳に書いて自分で自分を認めることで晴らしています。

英語の学習は、少しずつ断続的にですが地味に続けています。鬱憤のはけ口として何かに一生懸命取り組むのはいいストレス対処法だと思います。

このブログは気持ちの整理になって、書くことで自分が一番救われています。

そして、毎日自分ができたことを手帳に書くことで、やってきたことが見えるように工夫しています。

今は時間に余裕があるので、ストレスをパワーに変えることができて、うまく生活が回っています。

忙し過ぎないことはとてもありがたいです。

慣らし出勤が終わってフルタイムになってからがちょっと怖いです…

応援クリックが励みになります🎵
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
Uncategorized
のんびり、のほほん

タイトルとURLをコピーしました