できないことは悪いことではない

統合失調症のコミュニティに参加していて、何かができないことで、自分を責めている方をときどき見かけます。

何かができないことって、悪いことでしょうか?たまたまその時点では、その事ができないだけなのに。

何かができないことは、その人が悪いのでしょうか?

統合失調症になったことで、私は確かに頭の回転がとても遅くなりました。自分の頭だけでは仕事をこなせなくなりました。

そこで私は、恥を捨てて人に聞くことを覚えました。昔、それを上司に言ったら「それは恥ずかしいことなんだよ」と言われましたが…

自分だけではできなくて、人に教えてもらっていたので、今度は聞かれたら私も教えることにしました。分かりやすい引き継ぎ書を作ったりもしました。それで喜んでもらえて恩を別なかたちで返せたようで、嬉しかったです。

何かができなくて困っても、すぐに自分を責めることはしない方がいいと思います。何かができないことは、目の前のひとつの何かが、そのときの自分にはできないだけなんです。

できないなら、人に聞いてもいいし、それでもダメなら得意な人にやってもらえばいいのです。

何かができないことには、必ず理由があります。ふざけているのではなく、本当に何か理由があります。だから、できないことは悪いことと責めるのではなく、どうしたらできないことを補って、困らないようにしておけばいいかを考えて実行すればいいと思います。

何かができなくなったとき、そのときにできることは、自分にとって、負担にならなくて好きなことだと思います。

自分の命ともいえる時間をそんな好きで負担にならないこと中心に使えるようになったら幸せだと思います。

応援クリックが励みになります🎵
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
Uncategorized
のんびり、のほほん

タイトルとURLをコピーしました