再発して良かったこと

私は1年数ヶ月前に、20年ぶりに統合失調症を陽性症状がバリバリでるほど再発させました。

またまた1年数ヶ月仕事を休むことになってしまいました。

再発って、悲惨なイメージがあると思いますが、意外と良いこともたくさんあったので、ここに書いてみたいと思います。

その1:友達がたくさんできた(笑)

陽性症状のとき、普段は本音をそんなにさらしてなかったのですが、目茶苦茶本音で生きていました。その結果、なぜか友達がわんさか増えました。この年齢になって友達が増えて本当にびっくりしました。その節にお世話になった方々、すいません、ありがとうございます!あきれてなければどうぞこれからもよろしくお願いいたしますm(_ _)m

その2:謎の万能感でめっちゃ楽しく仕事ができた(笑)

謎の自己肯定感と万能感で仕事でのコミュニケーションが円滑になり、これまでにないほど仕事が楽しかったです(笑)成果はでたのかよく分かりません…

その3:謎の自信により、それまで我慢していたことを嫌だと言えるようになった

これが一番良かったことかもしれません。お陰様で、長くくすぶっていた気持ちをそのときに吐き出して、それ以来嫌なことは嫌だと言えるようになりました。それから生きることがとても楽になりました。

その4:体重が落ちた

陽性症状のときは、脳のカロリーの消費量が多いのか、やせました。これも地味に嬉しかったです。しかし、薬の調整と共に陽性症状は落ち着き、無事に?体重も元に戻りました…

20年前に統合失調症になったときは、陽性症状はとても怖くて不安なものが多く、二度とこんな思いはしたくないと思いました。多分、今回は、本当にひどくなる前に気がついて療養に入れたのでこんなことがおきたのではないかと思っています。仕事を休む2日前は症状が進み、妄想が怖くて布団からでられなくなりました…

それでもやっぱり、私は今のように症状を抑えた生き方をしたいと思います。陽性症状は足元がフラフラして、やっぱりどこか怖かったです。そしてとても疲れました。今の自分の、自分を抑えて人の話をまた聞けるようになってきたところがとても嬉しいです。まだまだのところもありますが、そこは精進していこうと思いますm(_ _)m

応援クリックが励みになります🎵
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
Uncategorized
のんびり、のほほん

タイトルとURLをコピーしました