その望みは本当の望みなのか?

私は昔からわりとすんなりと人生の駒を進めてきているように見られがちですが、結構挫折もしてきています。挫折したところから、できないことはあきらめて、得意で好きで、自分の負担になりにくい部分で負担になり過ぎないくらい努力することを続けてきました。

よく、夢に向かって努力することが正しいみたいに世間はいいますが、その言葉に乗っかって決めた短期的な夢は叶ったためしがありません。

昔、Twitterで、よせてはかえす波と教えていただいたことがあって、追いかけると夢は離れていくところがあると思います。そして、追いかけることも忘れて何かに夢中になっていると、違う形で叶っています。

個人がそのときの頭のなかで考える夢なんて、実はそんなに大した精度はないのだと思います。

夢は叶います。多分、皆が叶うのではないかと思います。

頭で考えた夢は確かに叶わないのですが、そこには心の底の本当の夢のヒントがあります。

だから、夢をヒントにして、得意で好きなことをやりながら遊び続けるように何かに取り組んでおけばいいのではないかと思います。夢は人それぞれですが。

年をいくと、結構皆さん、実は自分の人生に満足して生きているのではないかと思います。そのとき満足してない人は、きっとそれからやりたいことがある、大器晩成タイプの方なのだと思います。

応援クリックが励みになります🎵
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
思うこと
のんびり、のほほん

タイトルとURLをコピーしました