インヴェガ&オランザピン体制

今回、復帰にあたり、抗精神病薬としては、

インヴェガ3mg

オランザピン2.5mg

で職場復帰をしてみました。

私の実感としては、これまで色々な抗精神病薬を試してきて、意外と仕事に対する姿勢にまで薬の影響があったので、これまでと今の状況を書いてみようと思います。

20年前に統合失調症を発症して、最初の8年くらいお世話になったのがジプレキサ(オランザピン)です。最初は復帰しても量が多く、一日中眠くて大変でしたが、気持ちを落ち着かせて守ってくれる感じが強いので、あまり不安を感じないでいられたのが良かったと思います。仕事には落ち着いて冷静に取り組めるような感じになりました。

副作用の眼球上転がでたり、過眠傾向になっていたので、エビリファイに変えてしまいました。

次に11年間お世話になったのが、エビリファイです。

この薬は、眠くならないため、睡眠時間が少なくて済んだので、育児期間の忙しい時期に重宝しました。

少量だと賦活作用(元気になる作用?)が強くでてしまい、本当は主治医は6mgでいこうとしていたのですが、気持ちが落ち着かず、私から頼んで12mgにしてもらいました。

元気がでるので長いこと服用させてもらいましたが、この薬は頑張れるので頑張り過ぎてしまい、のんでいた時期の後半は怒りを感じやすくなってしまって生きるのが辛くなってしまった、謎のよく効きすぎた薬?です。賦活作用で頑張れ過ぎて、身体が追い付かないで結局長期の休みや手術が必要になったので、良かったのか悪かったのかわからない薬です(笑)

エビリファイの次に、昔の主治医に生きづらさを訴えて、変えてもらったのがリスペリドンです。

この薬は、気持ちがよくなって、嵐のような気持ちが、晴れた空のようにクリアに幸せを感じられるようになりました。

ところが、なぜか「気が大きくなって怠け者になる」副作用があって、1年に20日もらえる有給休暇を繰越しておいた20日分も合わせて40日分使いきってしまうという自分にしては大胆なことをしでかしてしまいました…当時の主治医にそれを訴えても薬を変えてもらえず、仕事は続けたかったのでやむなく転院して、当初の半分の量まで減らしてもらったら、今度は陽性症状が復活してしまいました。のみ心地はいいのですが、何でこんなに大胆になってしまうのだろう…腹がすわるので、仕事を根本的に改善するとか、仕事自体には色々好影響もありました。

それからインヴェガに変えました。インヴェガはリスペリドンが肝臓で分解されてできる有効成分が少しずつ溶けだすように調整された薬です。リスペリドンの時の幸せなハイテンションな状態から、幸せだけど一日中落ち着かせてくれるような感じになりました。インヴェガだけだと気持ちの振れ幅が大きく、なぜか気が大きくなりすぎるところは変わらないので、ジプレキサを少量足したところ、落ち着きが復活してきました。ジプレキサは落ち着けて眠くなるけど、その分回復は早いように感じます。

さて、このインヴェガ&ジプレキサ(オランザピン)体制で今回は復帰させてもらいました。

今のところ、実感としては、ジプレキサ単剤のときの気分に一番近くて、気持ちが落ち着いていて、よく眠れれば頭もクリアで仕事にも落ち着いて取り組めそうな感じです。

しかし、まだまだ復帰への試みは始まったばかりなので、この薬でどうなるかは、まだまだ未知数です。

個人的には、落ち着いて仕事に取り組めて、皆といることで幸せを感じながら静かに職場の一員として生きていけたら嬉しいなと思っています。

さて、どうなるでしょう。

応援クリックが励みになります🎵
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
統合失調症体験談
のんびり、のほほん

タイトルとURLをコピーしました