小さな信頼を積み重ねる

統合失調症を再発して、1年数ヶ月休職して、今週から職場復帰が始まりました。

初日は30分、次の日からは1時間。

そのなかで、まずは通勤や職場に慣れるのが仕事でした。

復帰してみて、皆がバリバリと重要な仕事をこなしているのを見ると、自分はなんてちっぽけな存在なのだろうと焦る気持ちがわき上がって来るときがあります。

しかし、今無理をしてまた調子が悪くなったら、本当にやりたいことはできなくなります。職場の皆と同じようにはできないことを受け入れて、その上で自分でもできることを少しずつ見つけていくことしか今はできません。

身だしなみを整える。

時間に余裕をもって、今の自分にとって無理のない生活リズムをつくる。

職場にきたら挨拶をする。

仕事を任されるときに備えてパソコンの操作に慣れておく。

余裕ができたら休職していた間に何があったのか調べておく。

そして、私の場合は職場の皆と無理に話そうとはしません。

その代わり、挨拶だけはして、話しかけられたら丁寧に答えて、電話がきたらなるべくとるようにしていこうと思います。

この人は大丈夫だと、職場の人達に思ってもらうことがまずは大切だと思っています。

そうしながら、できることを少しずつ増やすことしか、今はできません。

私は、今回の休職後、皆と同じように働く道を諦めようと思っています。今までそれに憧れて、一生懸命やってきましたが、何度も休むほどメンタルも身体もボロボロになってしまいました。

皆と同じにできなくても、自分にできることを見つけて、職場で生きていける道を探ろうと思います。

しかし、辛いところでもあります。職場の人達は残業もしながら、重い仕事にせっせと取り組んでいるなかで、自分ばかり何も貢献せずに先に帰っていきます。

本心では、同じように貢献をしたいと思ってしまいます。

そこで、いやまて、人には多様性があるんだ、人によってできることは違うんだ。自分には自分にできることを積み重ねていくことしかできないんだ。無理をしないで、でも皆の役に立てることを少しずつ探していくしかないんだ。

そんな葛藤を抱えながら、でも職場の一員として扱ってもらって申し訳なさとありがたさが入り交じる1週間でした。

タイトルとURLをコピーしました