マイペースに生きるための闘い

今日は午前中、1時間仕事をしてきて、帰ってから、子どもを家から片道車で1時間かかる病院に連れて行きました。

待ち時間も長く、今帰ってきてヘロヘロです😵

元気があれば話したかった人も、参加したい会合もあったのですが、今は帰ってきて、ヘロヘロの身体を横にして、でも夜寝るためにお昼寝は我慢です!(眠さを紛らすためにブログを書いています(笑))

実は今週復帰してからも、午後にはこうして子どもを病院に連れて行ったり、子どもをプールに連れて行って私も入ったりしています。

こんななので一見すごく元気に見えるようで、子どもにすら「ママはお薬の必要な病気なんだよ~」と言っても、「そうは見えない~」と言われます。復帰したばかりの1時間の仕事も「ママ本当はもっとできるでしょ」と言われます💧

職場の上司たちも、産業医に言われるまでがっつり働いてほしい、言い換えるとがっつり働けるだろうと思っていたようです。

確かに私は元気です。しかし、疲れやすいのも事実で、今回の休職で薬を調整してたっぷり寝られるようになって、やっと常にあった疲労感が消えました。それまで毎日口を開くと「疲れた~疲れた~」と言い続けていました。たまに息をするのも苦しくなっていました。

易疲労感と言うのでしょうか?この疲労感や急激な気持ちの落ち込みは、きちんと睡眠が取れなくなるととたんにでてきます。今でもそうだからこそ、睡眠時間を死守したいと思っています。カミングアウトしてでも残業できないと言っているのもこの理由です。

独身のときは残業していてもある程度は何とかなりましたが、今は家庭のこともあるし体調的に睡眠時間を削ることはできないとなると、残りの時間でやりくりすることになります。私は睡眠をしっかりとるために、カフェインもとらないようにしています。本当に、できることはできる限り努力しています。

睡眠時間の他にもある程度身体を動かしたり、自分の心に潤いを与える時間も必要だと思います。

それがないとストレスに勝てなくなるのです。

休職前も、私は、1年で一番忙しくなる1ヶ月を除いて、仕事が忙しくてもお昼休みは早めにご飯を食べて、職場の周りをウォーキングしていました。

ほんの何十分かですが、これがストレスに負けず仕事を続けていくには本当に大切で、地味にコツコツ続けていました。

ちなみに、仕事をしていて1年で一番忙しい1ヶ月は、睡眠時間を少し削って心を潤わせる時間は一切とらないで、子どもに関することは親に替わってもらえることは替わってもらって、謎のハイテンションになりながら一日中仕事に集中して過ごしていました。長いこと薬で抑えが効いていたからできましたが、無理をし過ぎてその薬では抑えが効かないところまで体調を悪くしてしまいました。

末席で一番出世してないことも、こうなるとメリットになります。下手に出世したら、責任の重い仕事を受け持って、かえって仕事を続けられなかったと思います。

次は、いかに体調を悪くしないで、回復させながら、できるだけ周囲の人の反感を買わないようにしながら、自分なりにできることで喜んでもらって、助け合って仕事を続けていける体制を作っていくかを考えています。

世間には仕事で出世したり、活躍したりしないと意味がないように感じているかたもいるようですが、私は仕事は職場で地味に役に立って、続けていくことが何より大切だと思っています。

生活の中で、無理をしないで仕事を続けていけるサイクルができると、人生がとても安定します。そうすると、安心して何かに取り組んだり挑戦したりできるようになります。心にも余裕がでてきます。

今はそういうことができる職場が激減しているので、配慮をもらうために統合失調症をカミングアウトまでしてしまいました。

仕事は人生のためにあります。仕事のための人生ではありません。

マイペースに生きていくことって、自分の人生を生きていることなんじゃないかと思うのです。

応援クリックが励みになります🎵
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
思うこと
のんびり、のほほん

  1. ころたん より:

    はじめまして。
    安定した生活の中で、自分の好きなことにチャレンジして、人生を楽しむ。
    そんな生き方をしたいって思いました。
    お仕事無理せず、頑張ってください😊

    • はなはな より:

      はじめまして、ころたんさん。
      コメントありがとうございます。
      安定ってあこがれますね。本当の意味では安定ってないのかもしれないけど、それでも憧れます。
      応援のメッセージもありがとうございます。
      ころたんさんもご自身にとって幸せな生活をできるといいなと思いました。
      コメントありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました