人生の作戦タイム

今、統合失調症というか疲れきった体調が大分持ち直してきました。無事に職場に戻れるかは分かりませんが、一応戻れることにしておいて、そろそろ人生の作戦タイムにしようと思います。やっと前向きに何かをやっていけるのではないかと考えられる状態になってきました。

職場からは、復帰したらいきなり残業もありでがっつり仕事をこなしてほしいと言われています。しかし、私のこれまでの仕事のやり方ではまた行き詰まってしまうだろうと思います。

統合失調症を持っていて、子どもも2人もいて、夫は当てにできなくて、仕事はブランクばかりで人間関係も上手くない。

こうして書いてみても不利な条件だらけで笑えてきます(笑)

体調が回復してくると、幾ばくかの自信が戻ってきます。以前は、配慮してもらわないと絶対無理だと思っていたのに、回復してくると、やりようによっては何とかなるかもしれない、試してみたい、という気持ちが強くなってきました。

むしろこれだけハンデがあると、なんだかワクワクしますね(笑)

統合失調症がなくても、家庭の事情などで、いつ仕事ができなくなってもおかしくないと思っています。介護だっていつ襲ってくるか分かりません。いつまた新たな病気で体調を悪くするかだって分かりません。

人生のいざというときの一番の備えは「やりたいことをやっておく」ことだと思います。

今、体調の問題ですぐにはできないかもしれません。誰かをケアしていたり、金銭的な問題で、他に優先しておかなければならないことがあるかもしれません。

それでも、目の前のこととちゃんと向き合って「この問題、この仕事の本質はなにか」を考えながら、最初は自分がやってみます。

そうすると、問題の本質が見えてきて、ここは人に頼めるとか、ここは機械で自動化できるとか、これはなくても大丈夫だったとかが見えてきます。それを周りの人と共有します。そうすると、自分のやらなければならないことはほんの一部分になってきます。

ふと、常識から外れてしまった自分に気がついて、不安になったり、情けなくなったりもします。

それでもきっと、私はやりたいことがあって、それをやるために行動しないではいられないのでしょう。

今はそうして作った時間で、たくさんの本を読んで、色々考えながら、これからの作戦を立てています。

応援クリックが励みになります🎵
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
思うこと
のんびり、のほほん

タイトルとURLをコピーしました