産業保健師さんとの面談

今日は会社の産業保健師さんとの面談がありました。

行く前からドキドキしていました。

数年前、産業保健師さんと産業医から、手酷い仕打ちを受けたことがあるからです。

できるなら受けたくなかったのですが、職場の上司が制度があるにも関わらず短時間からの復帰の手続きを全く進めようとしてくれず、また、復帰したら残業も含めてしっかりと働くことを要求してきているので、専門家の視点が入った方がいいと思い、ダメもとで行きました。

面談ではとてもよく話を聞いてくれて、ということは、たくさんの情報を渡したことにもなりますが、その私の情報を産業医と職場の上司と保健師さんで共有することになると言われました。それを覚悟の上で、今回は自分の情報を伝えました。

メンタル専門の産業医の先生との面談の予定を組んでいただきました。

産業医は会社に雇われている立場なので、中立的な立場をとってもらえたらラッキー、ぐらいに思っています。

私が会社側が大切にしたいと思うような人材なら話は違いますが、現実を考えると頭がぐるぐる回りそうな、胃が痛くなりそうな感じです。

終わったら、どっと疲れました。

ストレスには運動が効くので終わったらプールにきました。

これでストレスを少しでも水に流せればいいですね。

世の中の、統合失調症を伝えた上で勝負している方たちを先輩として尊敬します。統合失調症って、それを言葉にするだけでハンディキャップになるときがあります。伝えなくてもハンディキャップがあります。

ハンデを抱えて生きることは難しいです。

しばらくはストレスの多い日々を過ごしそうです。

体調管理だけは気を付けようと思います。

応援クリックが励みになります🎵
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
近況
のんびり、のほほん

タイトルとURLをコピーしました