自分を観察する

今日は歯ブラシとクエン酸と重曹を使って、お風呂の溝のカビと排水口の掃除をしました。

浴槽の水あかはクエン酸ではいまいち効果が分からなかったのですが、排水口に重曹をふって、クエン酸をかけたらシュワッと泡がたって、ピカピカになってとても嬉しかったです。

全て100均でそろえたのでお金もそんなにかからなかったし、いい感じです🎵

これからも毎日、少しでも初めての事に挑戦して、頭を錆び付かせないように気をつけたいと思います。

最近、自分を観察して、すごく弱っているときって、どんなときで、どんな振る舞いをしているかをよく観察するようにしています。

客観的に見て、体調の悪いときに自分がとる行動が、長い目で見て自分の人生を左右すると分かってきたからです。

メンタルが弱るのは、大体どうしようもない理由(最近だと遠出して神経を使った後とか、職場に行って現実に打ちのめされた後とか、気候とか)ですが、それへの対処法を見つけたいと思っています。

不調に早めに気づいて、そのときにどうしたら自分により深いダメージを受けないで済むか、周りの人に変な振る舞いをしないで社会的にもダメージを受けないで済むかを考えています。

仕事は人間関係でやりとげるものだし、体調の悪いときに家族や友人に対していかに振る舞うかで、後々の人生が大きく変わります。

これには、環境を整えておいたり、休んだり運動したりして体調を整えておいたり、あらかじめ周囲に事情を説明しておいたりすることで、ある程度準備ができます。あと、自分の体調の悪いときの周囲への振る舞いを客観的に振り返っておくと、同じ失敗は繰り返したくないと本気で思えます。体調不良を我慢するのではなく、どうしたらそれを予防できるか、落ちてしまったなら、どうしたらそこから周りへの迷惑を最小限にして、早めに戻せるか、環境的にも、その場で丁寧に体調を伝えて、回復する方向にもっていくのかを考えます。

WRAPなんかは、多分、こういった考え方で成り立っているのではないかと思います。

これが、リアルの社会で生きていくのに今一番手に入れたいスキルです。

タイトルとURLをコピーしました