統合失調症になってからでも仕事を覚えられるのか

私は20年前に統合失調症を発症しました。

一時は入院するほどでした。入院したときは、ご飯も食べられない、会話もろくにできないというボロボロの状態でした。

入院前は就職したばかりの職場で、できて当たり前の仕事ができなくて、ただその数字を合わせるために何時間も同じことを繰り返したりしていて、でもうまくできなくて、本当に苦しかったです。

その結果、私は仕事を覚える前に統合失調症になってしまいました。

休んでいた9ヶ月、復帰してまた合わない数字を合うまで永遠に数えさせられるのかと思うと嫌になりました。私の仕事が遅れることで、周りの人たちが迷惑そうにしている顔が頭に浮かんできました。

そんな状態で、復帰してみました。

復帰してみたら、抗精神病薬のジプレキサが効いたのか感情がそれほど波立たないで仕事に取り組めました。

以前はたくさんケアレスミスをしてちっとも進まなかった仕事が、落ち着いて取り組めるようになってほとんどミスをしなくなりました。

昔できなかったことが、時間をおいて頭の中でまとまって、きれいに整理されていたのでした。

同僚の人はそんな私を見て、驚いていました。私が精神病院に入院したことも皆が知っていました。「はなさんはもう、二度と仕事はできなくなったと思っていました。」と後で同僚の一人にいわれました。私の場合、仕事から一時的に離れることで、頭の中で仕事の内容が熟成されてかえってできるようになったのでした💧

そのうち同僚からも仕事を聞かれるようになりました。

その後、転勤になって全くはじめての仕事を受け持ってからも、統合失調症の後遺症で頭の回転が悪く人の話す内容が半分くらいしか理解できない中で仕事を覚えていく、という荒業をしなければならなくなりました。

実は、多くの統合失調症の方たちとお話をさせていただいて何となく感じたのですが、統合失調症になったから頭が悪いというわけではなく、もっと本質的なことを理解しようとしてしまうために、理解するまでに人より時間がかかるだけのような気がします。

私は新しい仕事を覚えるにあたり、とにかく自分のペースで自分なりの理解で覚えることを意識しました。その結果、確かに覚えるまではとても時間がかかったのですが、内容を理解できると皆にとってとても分かりやすい形でアウトプットすることが得意になったのでした。

統合失調症の人はもともと本質を考え過ぎてしまうだけなのかもしれませんね。

豆苗、いい感じにのびてきました。毎日の水やりが楽しみです🎵

タイトルとURLをコピーしました