心の安全基地・よりどころ

最近、愛着障害に関する本を2冊読みました。

その中で書かれていた、支配したりされたりとか、依存したりされたりとかの関係ではない、心の安全基地になれる関係に憧れます。

この「心の安全基地」という関係があると、人間の幸福度が上がり、気持ちも安定するようです。そしてこれがないと何かに挑戦する気力もなくなるようです。私もこの10年くらいは「心の安全基地」がないなかで色々なことをしなければならず、苦しみもがいていました。

実家はもともと「心の安全基地」どころではなく、どれほど気を付けても支配してこようとする、大変な場所でしたが、最近は私が力をつけてこれたので市民権は獲得しつつあると思います。どうやっても両親の助けがなかったら子どもをみながら仕事を続けていけない不安な時期も、子どもが大きくなってきて過ぎつつあります(良かった…)。しかし、「心の安全基地」を期待してはいけないところです。

子どもたちには私がそうならなければならない立場なので、引き続きできる限りのことをしていこうと思います。

夫が「心の安全基地」になってくれればうれしいのですが、それを期待して、でもなれないようで、10年間苦しみ続けたので、やはり期待できません。

独身の頃は女友達がまさしく「心の安全基地」となってくれていましたが、今は皆それなりに大変で、状況もかなり違ってきてしまったので、やはり期待してはいられません。

職場は心のよりどころにしてはそもそもいけないところです!それでも今は一番のよりどころだったりするのが恐ろしいのですが…

と、言うわけで、支配するわけでもされるわけでもなく、依存するわけでもされるわけでもなく、コントロールしようとしてこない心の安全基地というかよりどころのようなものを今のうちに探しておこうと思います(*^^*)

心の安全基地は、その役割をしてくれる人がいれば一番いいのですが、いないなら自分が自分の「心の安全基地」になってもいいそうです。と言うか、私の場合、もう、それ以外方法はないと思います。

その第1段階として、職場に障害者手帳を提出して「残業のない仕事の体制」をなんとか手に入れたいと思います。そうでないと、仕事だけの生活か、仕事と育児だけの生活になってしまって、仕事が不調のときに救いがなくなってしまいます💦

子どもを勝手によりどころにしてしまうのも怖いので、子どもとも向き合いながらも、それ以外によりどころになるものを今から探しておこうと思っています。もちろん、子どもも大切にするつもりです!

毎日一時間でも「自分で自分を癒す時間」「素の自分と向き合う時間」「ほっこりできる時間」をなんとか確保したいと思います。時間も体力もないので、手軽にできる方法で。

オタクだっていいんだ!素でいられれば、そんな自分を受け入れられるなら、なんだっていいんだ!

おっと、本音が…

多分、その時間にやることは今と変わらないかもしれません。でも、そんな時間が取れなければ、私は内部から崩壊していってしまうでしょう。

結局、今と同じように、こうしてブログを書いたり、本や漫画を読んだり、コミュニティに参加させていただいたりが一番自分を癒すのでしょうね。

応援クリックが励みになります🎵
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
日常
ゆっくりと人生を楽しみながら生きよう

タイトルとURLをコピーしました