断捨離再開

またまた本が溜まってきた。

本は私の欲しい情報を現している。

私は自分に自信がない。自分の選択に自信がない。

本のせいにして本の言うことばかり信じようとする。

有名人が薦めた本もある。

確かにいい本かもしれない。でも、そんな難しい本は、私には読めない。読む時間もない。

本を一冊一冊手にとって、「私は本当にこの情報が欲しいのだろうか?この情報をもつ人になりたいのだろうか?」と自分に問う。

否、と心が結論をだした本は潔く売ることにした。

逆に、ペラペラめくって、何か楽しくて読みたくなる本は残した。

物ももっと減らそう。

むやみに減らしても寂しくなるだけだし、簡単に捨てることへの抵抗がある。

お金はそれを得るために働いた時間で買っている。つまり、命で買っているんだ、とホセムヒカさんは言う。

「この物は自分にとってどんな存在で、どうしたらよかったのだろう」と1度は問う。

そして、手放すことに決めた物には、「ごめんなさい」と謝って、なるべく捨てないで譲る、売る、リサイクルする、それも無理なら捨てる。

捨てる前に1度きちんと物と向き合って、物を捨てる自分と向き合う。自分の未熟さゆえに生かしきれずに「捨てる」選択をした自分をそのまま受け入れる。

自分はそんな人間だ。

捨てるときの痛みを忘れたくないと思う。この痛みは本を何冊も読んでも足りないほど、自分を賢くするきっかけをくれるのではないかと思う。

そして、それからの人生に生かす。

新しいものを手に入れるときも、「本当に私はこの物と、何がしたいか」を自分に問う。毎日に余裕があればできる。忙し過ぎるとできない。

そうして、自分が本当に住みたかった住まいに近付けていく。

生きたかった生き方に近付けていく。

本当に必要な物は多くなく、なるべく身軽でいることで自由でいられるような気がする。

だから私は家も買う気がなく、その時々に合わせたコンパクトな生き方をしたいと思う。

他人に強制するつもりはないけど、「私」は不必要なほどの重い荷物まで背負うのはまっぴらごめんだ。

ケアとは背負うことだけど、私にはあまり多くのものは背負いきれない。

私はこんな人間だ。

応援クリックが励みになります🎵
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
近況
ゆっくりと人生を楽しみながら生きよう

タイトルとURLをコピーしました