のほほんと生きたい

今日は公共の温泉にきている。

マッサージチェアでのんびりしながら、ぼ~っとして、ふと、結婚する前ならこれで最上級に幸せになれたな~と思った。

今は、母親なのにしっかり家事育児もしないでこんなことしてていいのかな?とどうしても思ってしまう。

職場を休んで、皆必死に仕事してるのに、私だけこうしていていいのかな?とも思う。

だから職場復帰が近づいたり、職場に行ったり、職場に連絡すると、ものすごく具合が悪くなる。

仕事は好きだけど、毎日早朝から寝る時間まで削って仕事して、それ以外の時間は全て育児、土日も仕事な生活はもうやりたくない。

早朝から深夜まで家事育児だけはもっとこりごり。仕事はやるだけ(サービス残業ばかりしてたけど)お金がもらえるけど、育児は1円も入らない。子どもの笑顔は何にも替えがたいけど、夫がもし嫌だといえば明日のご飯も食べられなくなる可能性がある。オムツだって買ってもらわないと生きていけなかった。そうして育児しているうちに、何一つ世の中についていけなくなって、私は誰からも忘れ去られて年をとって、あとは介護する機械になるのかな~と思ったら怖くなって、必死に仕事に復帰したっけ。夫はそんな気持ちは理解できない。いまだに。

私が今、こうしてゆっくりできているのは、たくさんの人のお陰だ。

特に、今は家庭内でのケアラーはヤングケアラーに限らずお金を使って、時間をかけて、時間とは命だから命をかけて、多くは無償でケアしてくれてる。

だから私は大きくなれた。

だから多くの人は飢えないで最期を迎えられる。

なのに、自分は未熟だったな~と後悔する。

自分がその立場になって、支えられている人がいて、支えている人がいるから自由でいられる人がいることに今さら気づいた。

社会を主に動かしてる、勉強ばかりして、学校でいい成績をとって仕事だけをしてきた人はそれがわからない。

本当はケアしている人をもっと大切にして、話を聞いて、助けていかないと困っている人がたくさんいることに気づいた。

自分が本当の意味で、心も身体も自由になるには、支えてくれている人たちに何か返していくしかないのだと思う。

私はケア向きではないことにもう気づいている。

できないことはないけど、もっとやりたいことが多すぎて、我慢できない。

得意なことは1の努力で10とかできるけど、ケアは10努力しても0.5くらいしか結果をだせない…

女で、一般的にはケアの責任がある私が仕事に人生をかけてきた人達のなかでケアを放り出して参加するのは今の時代まだ抵抗があると思う。

統合失調症を抱えているから、大失敗したらケアされる人になるかもしれないし。(定期的な通院という意味ではもうケアされてる人(笑))

でも、仕事が楽しくて、子育てとは別に、仕事で社会を変えていきたい。

どんな大したことのないような仕事でも、お金を払う価値のある、大切な仕事で、どんな小さな仕事でも、社会を動かす力がある。本当にある。

本当は、まだお金になっていない家庭でのケアも社会を動かしてきた。ケアしている人達はすごいことをやってきた。

自由が欲しい。母として妻として娘としてちゃんと生きられなくて申し訳ないけど。

だけど本当の本当はのほほんと生きたい。

タイトルとURLをコピーしました