夢は叶えるために行動してるときが一番楽しい

最近、夢が叶ったことに気づいた。

長いことブログで社会に対して思うことを書いてみたかった。

時間もなく、勇気もなく、そんなスキルもなくて長いことできないでいた。

たまに書いては消すことを繰り返していた。

それでもブログで社会に挑戦してみたかった。

私の夢は結果ではなく「挑戦すること」自体だった。

陽性症状がでるくらい体調不良のとき、タガが外れてまた本格的にブログをはじめた。

夢は叶った。

叶ったけど…残されたブログを読むと恥ずかしくて自分が消えたくなる。

ブログを書くために人の時間をいただいたことが申し訳なくて、自分を殴りたくなる…

仕事を休んで何をやっているのだろうと情けなくなる。

挑戦したところで、自分には何かができるわけでもない。

「やるべきこと」はたくさんあるのに、それらを放り投げて、一番大事な「健康でいること」「きちんと生きること」すら適当になりかけている自分。

それはブログを書いているせいではないけど、たくさんの大事なことを放り投げて、自己満足のブログを書いて晒している自分が恥ずかしくて空しくなる。

人のためだけではなく、自分のために生きたかった…自分のやりたいことをやってみたかった…

でも、やってみた結果は情けない自分がいるだけだった。

ブログ、やめようかなと何度も思う。

でも、書きたい。自分で思い描いたことを、自分の責任で、自分の意思でやってみたい。

こんなことができるチャンスは、きっと、今を逃したら一生こない。

自由には、責任とそれを背負う覚悟が必要ですね。

タイトルとURLをコピーしました