選挙に行ってきた。

今日は国政選挙の投票日ですね!私も投票に行ってきました。

ちなみに、数年前から選挙区が統合されて、投票所がそれまで行ったことのない小学校になってしまい、元から車で行く距離だったのが倍くらい遠くなりました(-_-;)カーナビが無かったらたどり着けません…

ちなみに私の住んでいる地区では地方選挙も同時に行われました。

まだ地元だから候補者のうわさくらいは入ってくるけど、学生のときや転勤族の夫についていってるときは地縁がなくて、新聞とかでちょっと見かけるくらいで誰に票を入れていいのかさっぱりわかりませんでした。NHKの政見放送みたいに各自治体で特設ホームページとか作って

・一言

・各分野の政策の方針

・ブログ(選挙期間中に書いてもらうとか)

とかアップしてくれないかな~(-_-;)

口ではいいこと言っても実際はいかに声なき声を「聴ける人か」が大事だと思うので、人となりが分かりやすいブログを書いてもらえたら結構いいなと思うのだけど…同じページに並べてくれると比べやすくていいんだけどな~

私はテレビとか新聞とかにはスポンサーがいるという構造上、政策を上手に解説してくれることはあまり期待していないです。テレビばかり見ていると、どうしても政局とかあおるような不安にさせるような内容が多くて、正直、昔からテレビはあまり見ないようにしています。

小選挙区制はほぼ2大政党制のようになりましたね。元々そういう制度ですもんね。小選挙区制は主に2つの政党からしか選べないし、死票(無効になる票)が多くてあまりすきではありません。いまいち民意が政策に反映されない気がする…

私は個人的には、国政選挙も大選挙区制にして、同じホームページに各候補者の各分野の政策の方針とブログを書いてもらうのが良いと思う。ブログって、結構その人が透けて見えるから、下手に選挙にお金をかけないでもまともな人が当選できるようなシステムが出来上がればもっと本当の政策力のある政治家がでてくるような気がするのだけど…今までは「知ってもらう」ためだけで果てしないお金がかかるから金権政治と批判される事態になりがちだったけど、ネットをもっと民主的な選挙にするのに利用したらいいのにと思う。特に若い世代はほぼ皆スマホをもっているのだから、ネットで政策を身近にしておけばいいのに~と歯がゆくなります。

最高裁判所の違憲審査では夫婦別姓に合憲判決をした判事にはきちんと×をつけておきました。ささやかながら一国民として反抗したつもりです。

でも、こうして選挙に行けたのも実は久しぶりです。子育てと仕事で忙しいときは、正直、一番助けが必要な時期だったのに、一番投票にいけませんでした。子育て主婦にも候補者を見極めて投票にいくだけの時間をください!!

応援クリックが励みになります🎵
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
近況
ゆっくりと人生を楽しみながら生きよう

タイトルとURLをコピーしました