家計を把握したい

今月末まで休みが延長になりました。

今月も自宅療養の日々です。

自宅にいつもいると気分が沈んでくるので、近所のプールにまめに通っています。

だんだんと体力もついてきてメンタルも安定してきました。

最初は1時間歩くのもやっとだったのが、今は1時間10分に伸び、連日は通えなかったのが、昨日はじめて連続で通えました。小さくとも確実に前進してるのがうれしいです。

犬の散歩もかなりの頻度でいけるようになりました。

メンタルが落ち着いてきて時間もできたので普段からやろうと思ってもできなかったことにも手をつけはじめました。

私は「管理」が苦手で家計簿が半年以上続いたことがありませんでした。

本来、夫は転勤族で単身赴任のため我が家は贅沢できる身分ではありません。

転勤族についていくのは、実は私にとっても子どもにとっても負担が非常に大きい。転勤の度に環境が全てリセットになる負担に私のメンタルでは耐えきれません。それで単身赴任を続けてもらっています。

私もいつまで今の仕事が続くかわかりません。でも、子どもの教育費はこれから家計に重くかかってくるはず。今は実家の両親にお世話になって、ある程度のお金を払うことで家事を全面的に助けてもらっています。仕事をしているから学童もフルで利用できている。そのおかげで私は仕事をしていられる。

でも、仕事ができなくなれば夫の稼ぎで2世帯の生活を回していかなければなりません。これって地味~に家計に響きます。何かの理由で親子で実家を出ることになり、母親からの家事への援助がなくなれば私は今の仕事の継続は無理でしょう。私の今の体力で仕事を続けていける自信は全くありません。子ども2人を抱えて身体を壊さない程度に働くとしたら、短時間のパートとかがやっとでしょう。

これに備えていまから日々の生活費が最低いくら必要か、気持ちに余裕をもって生活するにはいくらくらいあればいいのかを把握したい。

はじめはそれぞれに家計簿を作ってみようと試行錯誤していたのですが、なかなか手間がかかってできない。そこで、マネーフォワードという家計簿アプリを導入しました。

最初は無料版で試していたのですが、使っていてよかったので月額500円のプレミアムサービスを使い始めました。

マネーフォワードの良いところは何と言っても我が家にとっては「離れていてもまとめて家計管理ができるところ」。それぞれが同じ家計簿に入力できるし確認できる。

クレジットカードを連携すると自動で使用履歴が反映されるので、入力の手間が省けるのもありがたい。いくら使ったか一目でわかるし、以前の履歴に遡るのもお手軽にできます。

レシートを読み取ってくれるので入力の手間が省けるのもうれしい。

実は、電車を乗り継いで通うメンタルクリニックへの電車賃の入力が面倒で困っていました。

そこで、JREカード(JRの発行している交通系クレジットカード)を新たに作りました。

スイカと一体型もありますが、私が選んだのはスイカとは別のタイプ。

今まで使っていたスイカをみどりの窓口で記名式のものに変更して、クレジットカードと連携しようと思っています。

クレジットカードからのオートチャージ機能を利用すれば、毎回券売機でチャージしていた手間が省けます。

さらに、マネーフォワードに連携すれば、クレジットカードの使用履歴として電車賃が自動で家計簿に反映されるはずです。

JREカードはクレジットカードとしてはサブカードにしようと思っています。

なので、一枚いつも持ち歩いているメインのカードがあるのでスイカの記名式はJREカードとは別にして、スイカのみを持ち歩き、JREカードは家においておこうと思っています。

いくつもクレジットカードがあると管理が大変なので、今までサブで使っていたカードは解約しようと思っています。

こうして、日々、地味ですが生活を楽に自由にする方法を試しています。

旦那に色々と文句を言いたいことはあれど、まずは子どもを育てていく必要があります。自分も自滅しない形で。大好きな仕事が続けられないかもしれない現実ともきちんと向き合わないといけません。

まずは環境を整えることから。そのためには、現状の把握からです!

応援クリックが励みになります🎵
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
近況
ゆっくりと人生を楽しみながら生きよう

タイトルとURLをコピーしました