統合失調症と診断されるまで

私が統合失調症を発症したのは、大学を卒業して社会人2年目の初夏です。

その前から慣れない仕事と車で40分の通勤とで疲れ切っていました。

そのころの私は就職したことを素直に喜べなくて、いつも辞めたいとばかり思っていました。

実家が自営業だったこともあり、「組織で働く」ことがどんなことなのかもよくわかっておらず、自分も、誰も信用できなくて孤独に苦しんでいました。

いつの頃か忘れましたが、いつからか職場の皆に悪口を言われている、と感じるようになっていました。

元から自分すら信用できないのに、周りの誰もが自分の悪口を言っている(と感じている)状況はかなりダメージが深く、給湯室でみんなと昼ごはんを食べていたのに、それもできなくなり、いつしか屋上で一人で食べるようになりました。一人でいるとちょっとほっとしました。

毎日、(自分の感覚としては)ものすごい非難の嵐の中にいたので、一人になれる場所をさまよって探していくような毎日でした。

そのうちに、さらに「盗聴されている」という被害妄想が加わりました。

そのころ、社員寮に住んでいたため、家に帰っても生きた心地がしなかったのを覚えています。

どこにいてもやすらげない。生きた心地がしない日々が続きます。

そんなある日、職場で「うつ病チェックリスト」なるものが配られました。自分でやってみると全てに当てはまる…

「そうか、私はうつ病だったんだ!」

そう思い立った私は、休みを取って通勤途中にあった大きな精神科病院に受診しました。

多分、幻聴が聞こえ始めて1か月もたっていなかったのではないかと思います。

すでにそのころ違う世界に踏み込んだような感覚でしたので、あのころの記憶はあまり残っていません。

精神科初診となったそのとき、自分の生い立ちのようなものをひとしきり話して、先生の診察となりました。

その際、私は、

「盗聴されている」

と青い顔で話しました。

先生はすぐに服薬の指示をだし、さらに「診断書を書くから1か月休みなさい」と言いました。

ここで、多分統合失調症(当時は精神分裂病とよばれていました)と診断がおりたことと思われます。

自分はそのときいっぱいいっぱいで気づかなかったけど…

この時、先生の言うことを聞いて、素直に服薬して休んでおけば、多分、そんなに大事に至らなかったと思うのです。

しかし、当時の私は、社会人が1か月も休んだらクビになってしまうと思い込んでいました。

「先生、休めません!」

と、先生のすすめを断り、入院までの半年以上の月日を、苦しい幻聴のなかで過ごすことになりました。

この頃の自分に言いたいです。

「休むのは病気になったら当たり前のことなんだよ!」

と…

応援クリックが励みになります🎵
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
統合失調症体験談
のんびり、のほほん

タイトルとURLをコピーしました